内容(概略)

引用:小杉眞司(監修)、和田敬仁(指導)、十川麗美(企画・制作)他
遺伝カウンセラーと学ぶ『がんゲノムを知ろう!』
~「遺伝子」と「がん」のおはなし~
2018年11月初版発行、2019年2月第2版発行

所要時間:60分程度
質問紙の説明、質問紙調査、遺伝と遺伝性がんのお話、家系図を書いてみよう、質疑応答

まんが教材も含めた遺伝やゲノム情報提供ツールを用います。

*実施時間については、60分を基本としておりますが、調整が必要な場合はご相談ください。

AMED「医療現場でのゲノム情報の適切な開示のための体制整備に関する研究」(研究代表者:京都大学 小杉眞司)にて作成された教材を使用予定です。

詳細URLは下記です。


マンガ教材「がんゲノムを知ろう!」

研究代表者小杉眞司先生からのコメント

本マンガ教材を参照いただき、一般の方や医療関係者の「がんゲノム」に対する理解が深まることを期待いたします。

・一般市民に向けた幅広い啓発活動(特に若い人を対象)
・高校生を対象に評価も実施
・2018年11月第1版1,000部を発行
・極めて好評につき、2019年2月に第2版10,000部を発行
・医療機関50か所以上で配布

対象

小学高学年以上(小学校、中学校、高校のご応募はクラス、課外活動等の責任者の方がまとめてご応募お願いします。)
一般の方々(原則、依頼主が法人格を有していること。)
*本プロジェクトは一部研究費から支出するため研究目的に賛同し同意が得られ、まんが教材を理解できる者を対象とします。

実施期間

2020年9月~2021年12月(予定)
日時についてはご相談させてください。

実施場所

開催日時および予算によりご相談させてください。

方法

講演形式
講演後、聴講者に対し、アンケートを実施させていただきます。
アンケートは、無記名のため、聴講者全員に対し実施させていただきます。
*岡山大学倫理審査委員会による承認を得て実施いたします。

費用

当方から支出が必要な場合は、事前にご相談させてください。
当企画の運営費用は、一部公的資金から支出のため、あらかじめ支出適応であることを確認させていただきます。